2007年05月30日

ミラ ジーノ1000X

かわいいだけじゃ物足りない!「ミラ・ジーノ1000X

 軽サイズに1リットルエンジンを積むダイハツのミラ・ジーノ1000シリーズ。中でもレザー風シートにウッドパネルを多用した「X」は年代を問わず男性にも好評だ。

旧ミニそっくりなのに、さらに小さく、最新装備も満載。「小さくても上質なクルマを」という世の声に応えた、これぞ日本のスモールカーだ。〔写真上:“ジャパン・コンパクト”の新機軸になりそうなミラ・ジーノ1000X。

丸いライトなどムダのないレトロデザインも人気 同下:軽よりひと回り大きい14インチアルミホイールがリッターカーであることを示す〕

----- ミラ ジーノ1000X ----- ミラ ジーノ1000X -----

 ミラ・ジーノ1000Xは、英国の名車ミニを思わせる軽のミラ・ジーノの車体に、660ccではなく1リットルエンジンを搭載し、内外装とも質感を高めた車だ

 丸目が特徴の外観と車体サイズは基本的に軽と同じだが、フェンダーはメッキモール、ホイールは軽よりひと回り大きい14インチのアルミ。クラシックなバンパーは黒いプロテクター付きで、ラジエーターグリルにはフォグランプを組み込む。

 内装はウッド調インパネとステアリングホイールに、合成といえども本革の質感のプロティンレザーシートを採用。

ここまでは大きさや装備が旧ミニと同様。だが、ミラ・ジーノ1000Xはさらにパワステ、パワーウインドー、電動格納ドアミラー、キーレスエントリー、ABSという最新装備を満載。軽自動車で磨きをかけた日本ならではのノウハウだ。

 エンジンも旧ミニ終盤の1・3リットルよりひと回り小さい3気筒1リットルだが、出力は逆に64馬力と大きい。

国産小型車と比べれば非力に見えるが、車重が780キロしかないので市街地から高速道まで余裕で走る。

時速100キロ走行でエンジンは約3300回転。最大トルク域に近いので、高速での追い越しも問題ない。

 3気筒なのでやや振動が多いが、「超−低排出ガス」認定で、平成22年燃費基準も達成した。

 ダイハツ独自の衝突安全ボディー「TAF」の頑丈さと、欧州的なやや固めの乗り心地は、小さくても安心感があり、なおかつスポーティーな走りも楽しめる。

 なんといっても軽サイズのボディーは全てが狭い日本ではありがたいし楽だ。大型車のムダを見直す“ジャパン・コンパクト”の新機軸を示す車といえそうだ。

ウッド調パネルを多用した内装が上質な雰囲気を生む。プロテインレザーのシートもいい  

1リットルエンジンをはじめ最新装備が器用に収まったエンジン室内

----- ミラ ジーノ1000X ----- ミラ ジーノ1000X -----

★男性にモテモテ−所有者の7割占める

 軽のミラ・ジーノの所有者は女性が約7割を占めるが、1000Xは男性の「余裕のエンジンがほしい」という声に応えて開発しただけに、逆に男性が7割を占める。

また「小さくても上質な」という要望の多さに比例して、独身以上に既婚男性の比率が高い。乗り換えも小型車からの人が多い。

仕様はベーシックの1000(108万5000円)もあるが、販売比率は上級のXが約7割。購入理由はやはり「個性的だが落ち着いた飽きのこないレトロスタイル」が一番だ。

----- ミラ ジーノ1000X ----- ミラ ジーノ1000X -----

★初代カローラとほとんど同寸

軽と同寸といっても、昭和41年に大衆車時代の幕を開いた初代トヨタ・カローラとほとんど同じ。

カローラは全長3・845メートル、全幅1・485メートル、全高1・380メートル。ジーノ1000シリーズは全長が40センチ余り短いが、ホイールベースは逆に7・5センチ長い。

それでいて最小回転半径は4・5メートルと5センチ短い。さらに初代カローラのエンジンは同じ1リットルでも4気筒OHCで60馬力/6000回転。ジーノ1000Xは3気筒DOHC、64馬力/6000回転だ。

----- ミラ ジーノ1000X ----- ミラ ジーノ1000X -----

ミラ・ジーノ1000X
全長 3415ミリ
全幅 1495ミリ
全高 1425ミリ
ホイールベース 2360ミリ
車両重量 780キロ
乗車定員 4人
エンジン 種類 3気筒DOHC
総排気量 989cc
最高出力 64ps/6000rpm
最大トルク 9.6kg・m/3600rpm
駆動 前輪駆動
懸架装置 前輪 マクファーソンストラット
後輪 トーションビーム付きコイル
ブレーキ 前輪 ベンチレーテッドディスク
後輪 ドラム
変速機 4速AT
燃費(10.15モード) 18.8キロ/リットル

希望小売価格  115.8万円


posted by ミラ ジーノ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。